合宿免許のご案内農業体験温泉宿泊施設のご案内平川市の温泉一覧主な観光地通学免許のご案内平賀自動車学校のご案内アクセスお問い合わせ・資料請求関連リンク
携帯サイト 携帯サイト 携帯サイト

主な観光地

平賀自動車学校のある青森県平川市は弘前市の東、十和田湖の西に位置しており、滞在中に平川市内や弘前市など多くの観光を楽しむことができます。

十和田湖や奥入瀬渓流、世界遺産白神山地などの大自然を満喫できます。

通学免許トップへ戻る

弘前公園

弘前城跡を整備して作られた公園で面積は約49haあります。
本丸、二の丸、三の丸、四の丸、北の郭(くるわ)、西の郭の6郭からなる平山城。
城跡は、全体が国指定史跡、建造物のほとんどは国指定重要文化財に指定されており、桜の名所としても知られています。
1611(慶長16)年に築城。天守など築城時の形態がそのまま残されており、天守・櫓・門は重要文化財に指定されています。
公園内には、ソメイヨシノを中心に、シダレザクラなど約50種類2,600本の桜が咲き乱れ、ライトアップされた夜桜も幻想的です。
敷地内には、弘前城植物園(4月中旬〜11月23日)・武徳殿休憩所などがあります。

このページのトップへ戻る

白神山地

白神山地の誕生は今から約200万年前に始まった日本海の隆起に起源すると言われ、ブナ林の誕生はおよそ8千年前の縄文時代の草創期であるとされています。
白神山地が世界自然遺産に登録された理由、それは人の影響をほとんど影響を受けていない原生的なブナ天然林が世界最大級の規模で分布していることにあります。
このブナ天然林には、ブナーミズナラ群落、サワグルミ群落等をはじめ多種多様な植物が生育し、高緯度にもかかわらず、ツキノワグマ、ニホンザル、クマゲラ、イヌワシ等をはじめ非常に多くの動物が生息しています。

このページのトップへ戻る

十和田湖


標高400mの山上に深く青い水をたたえる二重カルデラ湖。
湖の中央に向って中山半島と御倉半島が両腕のように伸び、その中湖の最深部は水深327mもあります。湖をとりまく外輪山の内壁には、たびかさなる火山活動によって堆積した地層が鮮明に見られ、幾万年の歴史を物語っています。
十和田湖観光の中心地は休屋で、宿泊施設をはじめ、みやげ屋や食堂が軒を並べており、一帯では遊覧船巡りや自然を満喫しながらの散策が楽しめます。

このページのトップへ戻る

奥入瀬渓流


十和田湖畔の子ノ口から焼山に至る約14kmの渓流美。千変万化の水の流れが生む躍動感あふれる景観が見事で、奥入瀬を代表する「阿修羅の流れ」をはじめ、「雲井の滝」など主な滝だけでも14カ所もあります。なかでも幅20m、高さ7mの「銚子大滝」は、奥入瀬川本流にかかる唯一の滝で、奥入瀬を遡上して十和田湖に入ろうとする魚を拒む、魚止めの滝でもありました。勇壮で見事な水量は今もなお十和田湖の神秘を守る番人のようです。焼山には「奥入瀬渓流館」「奥入瀬湧水館」「おいらせ渓流観光センター」など施設も充実しています。

このページのトップへ戻る

岩木山

岩木山は標高1625m、県内最高峰を誇り、古くから山岳信仰の対象として崇められてきました。
津軽富士とも呼ばれ、裾を長く引いた秀麗な山。岩木地区は大部分を岩木山が占め、山麓にはリンゴ畑が一面に広がり、嶽温泉などの温泉も点在します。

このページのトップへ戻る

観光案内サイト

通学免許トップへ戻るこのページのトップへ戻る

© 2012- Hiraka Driving School.
www.hiraka.jp